本当の美顔法

最近知りましたが、洗顔をしない美顔法というのがあるんですね。

 

洗顔をすることで皮膚表面の角質がはがれてしまい、洗顔料を使うことで本来肌の必要な潤いである皮脂までも落としてしまうので、じゃあ洗顔をやめて皮膚の角質を自然なままに培養しようじゃないか、というものらしいです。

 

でも汚れは落としたほうがいいんじゃ・・・?と思うけど、その美顔法によると洗顔のメリットよりもデメリットのほうが大きいんだそうです。

 

洗顔しない日数を重ねると、垢が皮膚表面に出てきてかゆくなったりするようですが、肌そのものは強くなっているそうです。

 

 

 

いろんな美顔法がありますよね〜。

 

ピーリングだってときどきは肌の新陳代謝を高めるためにいいと私は思っていますが、ピーリングは肌に悪!っていうひともいます。

 

化粧水だって、潤いを与えるものって思われてますけど、一説には気休め程度の効果しかないってひとも。

 

クリームの油分で肌の表面にフタをして水分を閉じ込めるってのもウソっていう考え方もあります。

 

 

 

本当に美容を知れば知るほどいろんな考え方があって、真っ向から相反するような両極端なものもあります。

 

洗顔すべし VS 洗顔は不要 みたいな。

 

結局のところ、何を信じて何を実行するのかは自分自身になるんですけどね。

 

本当に正しい美顔法なんでやってみなければわかりません。

 

個人の差もあるだろうから、あのひとには効果があったのに、自分には効かないってこともあるかも。

 

 

 

でも私がひとつ思うのは・・・。

 

いろいろな美顔法なり美容法なりを知って試していろいろやってみたら、最終的にどこかに行きつくんじゃないかな。

 

自分なりに肌を理解して、なにか方法を見出すのではないかと思います。

 

だからいろいろやってみるのは大事だと思います。

 

その結果、「これがイイ!」って道を見つけたひとが美容家さんになったり美顔法を確立したりするのではないでしょうか。

 

そういうひとたちはきっといろいろやってみて最終的に行きつくことろに行きついたんでしょうね。

 

そして何より、「これがイイ!」と信じて続けることがメンタル面においてもプラスになるんでしょう。

 

「美顔法の真実」を追い求めても、「自分のための美顔法」は自分でないと探せないのかも。

 

ひとの真似ではなくて、ね!