汗と美肌

汗ばむ季節がやってきましたね。

 

冷房も暖房も要らない、風が心地いい季節なんて一年のうちで一瞬ですね。

 

やっとこたつもストーブも片づけたと思ったら、もう扇風機を出してきました。

 

汗をかくのって、私キライです・・・。

 

私は顔に汗をかくタチなのでメイクは落ちるしよれるし、見た目はどろどろです。

 

特に鼻のあたまにポツポツと汗をかくのでみっともない・・・。

 

鼻のファンデーションは剥げまくりです。

 

ほぼファンデーションの意味なし。

 

これは私の母もそうなので、どうも遺伝みたいです。

 

体質はどうしようもないですけどね。

 

汗ってイヤって女性は多いんじゃないでしょうか。

 

サウナとか、ジョギングとかでたらたらかく汗はまた気持ちがいいものですけど、汗をかく体勢にないときの発汗はイヤですよね。

 

 

 

汗ってお肌にどんな影響があるんでしょう?

 

発汗=新陳代謝 ってイメージが大きいですが、それ以外にはどんな影響があるのか。

 

汗は汗線からいったん出ますが、一部はまた肌に吸収されます。

 

温泉のお湯だって多少肌に吸収されるので肌にいい効果をもたらすのと同じで、汗も少し肌に吸収されるのです。

 

汗は皮膚に水分を補給する役目があります。

 

肌が自然に水をはじくようにコーティングされているのは、皮膚から分泌される皮脂のおかげです。

 

つまりは自然の保湿剤もおかげなんです。

 

汗には自然の化粧水のような役目があるので、汗をかくと肌の保湿性が高まるのです。

 

皮脂や汗は保湿のためにはなくてはならないものなんですね。

 

 

 

ただ注意しなければいけないのが、汗のかきっぱなしです。

 

汗をたくさんかいてそのままにしておくと不衛生でニキビの原因になってしまいます。

 

汗の塩分もそのまま皮膚についたままだとよけいに水分の蒸発をまねき、乾燥肌の原因に。

 

また汗をかく環境→野外→紫外線の害も気をつけなければいけません。

 

 

 

汗をかくこと自体は悪いことではありません。

 

でもやっぱり夏は洗顔をしっかりして皮膚を清潔に保つことが大切みたいですね!