断食肌のこと

スキンケア以前に身だしなみとか清潔とかいう問題が・・・。

 

で、これの一歩引いた美容法、洗顔のあとに何も付けないというものがあります。

 

これなら清潔感も問題はなさそうです。

 

「断食肌」とか「ノーケア・トレーニング」というらしいです。

 

赤ちゃんの肌のように健やかであれば、化粧水もクリームも必要がないということです。

 

化粧水やクリーム、美容液を使う習慣がかえって、肌を劣化させているという考えで、肌を断食状態、何も付けない状態に慣れさせると自然に肌本来のちからが蘇ってくるというのです。

 

私個人的には、たまにはこんなケアもいいんじゃないかなと思います。

 

たまには何もしないでいい日があってもいい。

 

でも、やっぱり肌の状態を見て行うことです。

 

乾燥する季節、肌が荒れているときに、素肌をさらしていたら肌を休ませるどころか、いじめているだけになってしまいます。

 

洗顔後、15分くらい、何もつけずに様子を見ましょう。

 

健康な肌なら洗顔直後につっぱるような感じで乾燥を感じても、皮膚から皮脂が分泌されてだんだんと潤ってきます。

 

それが15分たっても肌がパリパリするようなら、肌は健康な状態ではありません。

 

乾燥しています。

 

皮脂が足りていないので、美容液やクリームで皮脂も代わりになるものをつけなければいけません。

 

反対に皮脂が過剰に分泌されてベタベタするときもあります。

 

これも乾燥から肌を守ろうとする自然な働きなので、そういう乾燥している状態で素肌のままでいるのがいいとも思いません。

 

夏は特に注意したいですが、汗をかいてベタベタしがちです。

 

でもこれは肌の表面がベタベタしているだけで、汗をかくことによって肌は大量の水分を失っています。

 

肌の奥では水分不足。

 

夏は化粧水、クリームなど暑苦しくてやってらんない!というひと!

 

それは間違っています!!

 

肌は乾燥していますよ!!

 

 

 

やはり断食肌をやってみるのには季節を選んだほうがいいというのが私の考えです。

 

何をするにも肌の状態をよく見て。

 

そのときそのときに肌が必要としていることを見極めていきましょう☆